ドイツ式B/Sスパンゲ装着法|上野の巻き爪矯正「ドイツ式巻き爪ケア専門店カノン」

ドイツ式B/Sスパンゲ装着法

痛みを伴わない安全な巻き爪矯正

爪が親指などの肉に食い込んで痛みを発生させ、歩行を困難にさせるとても厄介なものです。ひどくなると出血や化膿を伴い、病院の手当では治療に痛みを伴うことが多く、なかなか治りづらいものです。
そこで当院では、ドイツで発明された「B/Sスパンゲ」を使用することで、無理のない矯正を行っています。巻き爪ケアでは同様の方法で、爪に穴を開けワイヤを通すものもありますが、当院カノンではメスもドリルも一切使いません。

ドイツ式B/Sスパンゲとは

B/Sスパンゲはドイツの「Bernd Stolz GmbH社」が開発した巻き爪ケア専用の「矯正板」で、 B/Sは同社の頭文字です。
爪の表面を軽く削り、ざらざらにしてスパンゲを装着しやすくします。特殊なのりを使うので簡単にはがれることはありません。
※整形外科での巻き爪の手術は、局所麻酔をしたあと爪の両端を切ります。この場合、爪の形は一生小さくなると言われています。

ドイツ式B/Sスパンゲ4つの特徴

施術後すぐに痛みを緩和できる

痛みに対して即効性があり、装着後すぐに快適な足元で歩くことができます。また、ケア中はほとんど痛みを感じることはありません。

半透明で人目を気にしなくてすむ

メスを入れずに半透明のプレートを貼るため、施術直後から自然な仕上がりを保つことができます。ネイルカラー・ジェルネイルも可能です。

深爪など難しい症例にも対応

炎症や化膿といった症状が見られない場合、重度の深爪や痛みに対しても効果を発揮します。極端に短いお子様の爪などもご相談ください。

金属アレルギーの心配がない

ドイツ式B/Sスパンゲは金属を一切使用していない矯正プレートのため、金属アレルギーの方でも安心して施術を受けることができます。

矯正期間と交換目安

爪の厚みと巻き爪の状態や痛みにより、矯正にかかるおおよその期間と交換目安が異なります。
詳しい期間については、お客様一人ひとりの状態を確認してから判断します。
お気軽にお問い合わせください。

お客様から喜びの声を頂いています

「2年間、巻き爪で悩んでいた事がウソのよう」
「あんなに巻き爪の痛みに苦しんでたのはなんだったんだろう」
という喜びの声がたくさん寄せられています。巻き爪は自然に治るものではありません。矯正するか悩んでいるなら、まずは当院にご相談ください。