巻き爪カノン WebSite
夏太りの解消|巻き爪カノンからの耳より情報|巻き爪カノンTEL.03-6715-5040

夏太りの解消|巻き爪カノンからの耳より情報

麺類や飲料の取りすぎ禁物

汗だくになる真夏はやせやすいと思いがちですが、そうとも限りません。
夏は脂肪を燃やして熱を作る必要がなく、自然に体が消費するカロリーである基礎代謝が下がります。
加えて食生活が麺類などに偏り、ジュースなどをたくさん飲むと肥満を招きやすくなります。
「夏は太りやすい」と認識することが大事です。
そうめん2束を1人分として食べると、300キロカロリーを超えます。そうめんの多くは製造過程で油が使われており、「あっさり」のつもりが思わぬ高カロリーになってしまいます。
女子栄養大学の浅尾貴子先生は『炭水化物である麺類単品だとエネルギーの摂取量だけが増え、ほかの栄養素が不足する。その結果、太ってしまう。」と解説します。

栄養バランスの悪化が夏太りの原因

ビタミンB1は豚肉などに含まれ、 糖質をエネルギーに変える働きがあります。
これが足りないと代謝が悪くなり、余った糖質が脂肪に変わります。
さらに炭水化物だけを急いで取ると、 血糖値を下げるインスリンがすい臓から過剰に分泌されます。この過剰のインスリンは炭水化物を脂肪にと変えてしまいます。
冷房で涼しい室内と真夏の屋外を何度も行き来すると体温を調整する自律神経の働きが悪くなり、冷えにつながったり、体の代謝を悪化させて肥満を招く要因にもなります。
夏太り解消には、まず食習慣の改善が大事です。
食べすぎはやめ、バランスの良い食事をとるように心がけます。
麺類は野菜や海藻などと一緒に食べ、ゆっくりかむことも夏太りの解消につながります。

食べる順序も注意して

食べる順序も注意が必要です。
いきなり炭水化物をとるのではなく、まず野菜などの副菜を食べてから肉や魚に進み、最後にご飯や麺類の主食を食べると肥満防止になります。
食物繊維が含まれる野菜を最初に食べておくと、血糖値の急激な上昇やインスリンの過剰な分泌が減らせます。
朝食には牛乳がおすすめです。ビタミンB1や脂質の代謝などを促すビタミンB2が含まれています。
また、冷たいジュースなどを一気に飲むと胃壁の血管が冷え代謝が低下して全身の余分な脂肪を燃焼しづらくなります。
胃袋が冷えると自律神経の働きが乱れて血液の流れが悪化します。そうすると、胃壁を保温するため周囲に脂肪が集まり結果としておなかがポッコリ出てしまいます。

基礎代謝アップで一石二鳥

基礎代謝をあげると太りにくくなります。
そのためには運動して筋肉量を増やすことが大事です。
早朝のウォーキングや水泳など適度な運動で筋肉をつけましよう。
運動する習慣を身に付けておけば、暑さに強くなります。
規則正しい生活を送るのも健康づくりには必要です。
夏太り対策は夏バテへの対処にもつながっています。

(平成25年8月18日の日本経済新聞より)