巻き爪カノン WebSite
BMI24前後が一番長生き|巻き爪カノンからの耳より情報|巻き爪カノンTEL.03-6715-5040

BMI24前後が一番長生き|巻き爪カノンからの耳より情報

世の中はダイエットブームです。
ダイエットになればいくらお金をかけてもいいという女性は多いはずです。
メタボ健診では、かなり厳しい基準が設けられているので、焦っている人も多いと思います。
自分がどのくらい太っているかを表す指標はいくつかあります。

BMIによるチェック

その一つが人間ドックなどでおなじみの体脂肪率です。自分の体の電気抵抗を測って脂肪の割合を計算したものです。
もう一つ、BMIという指標をご存知でしょうか。
体重(キロ)を身長(メートル)で2回割って計算するものです。
大柄な人も小柄な人も、同じ基準で肥満かどうかを比べることができます。

科学的根拠

体脂肪率は誰にとっても分かりやすく広く知られています。しかし、その割に健康との関係を示す科学的根拠はほとんどないようです。
体脂肪率が少々高くても、必ずしも健康に悪いとは言えないようです。
一方、アメリカで行われた調査から興味深いことが分かりました。
4万人もの人々を対象に10年間追跡調査したところ、BMIと腹囲をあらかじめ全員に測ってもらい、10年間の死亡率を比較しました。
その結果、腹囲は死亡率とあまり関係がなかったのです。

長生きの基準値

調査の結果、BMIが「24」前後の人がもっとも長生きしていることが分かりました。
つまり死亡率が最も低かったのです。
身長160cmの人で言えば体重は約62.5キロです。
身長170cmの人ならば体重は約69.4キロです。
このような人が一番長生きするようです。
日本ではBMI「22」が理想と言われていますが、これは科学的根拠に乏しいようです。
これより少し太っている人の方が健康に良いということです。
つまり、BMIが「22〜26」の人は、血圧や血糖値などに以上がない限り無理してやせなくても良いのです。
ダイエットも「ほどほど」が大事です。
(平成22年1月17日の日経新聞・新潟大学教授 岡田正彦)